平成29年度大阪市コミュニティビジネス等促進事業コミュニティビジネスポータルサイト

お知らせ

2017/12/12

【イベント情報】 イベント情報ページを更新しました。
2017/12/11

【モデル事業サポート】対象者が決定しました
2017/9/30

【事例】 磯路地域活動協議会を掲載しました。
2017/9/28

【事例】 NPO法人緑・ふれあいの家を掲載しました。
2017/9/26

【事例】 NPO法人西淀川子どもセンターを掲載しました。
2017/9/25

【事例】 NPO法人スモールファーマーズを掲載しました。
2017/9/25

【事例】 株式会社Lean on Meを掲載しました。
2017/8/2

​※第1回目の日程お知らせ【講座情報】市民活動団体講座(レベルアップ講座)受講者募集開始しました!
2017/7/10

【講座情報】CB/SB講座(実践編)受講者募集開始しました!
2017/6/12

【イベント】情報を更新しました
2017/6/1

【講座情報】CB/SB講座(入門編)受講者募集開始しました!
2017/2/28

【モデル事業サポート】サポート報告を更新しました。
2017/1/13

【講座情報】女性チャレンジ応援拠点 出張交流会@大阪NPOセンター 「地域で女性がチャレンジするためのコツ」 受講者募集開始しました!
2016/12/18

【モデル事業サポート】サポート報告を更新しました。
2016/12/8

【イベント】情報を更新しました
2016/11/25

【モデル事業サポート】サポート報告を更新しました。
2016/11/16

【モデル事業サポート】サポート報告を更新しました。
2016/11/4

【モデル事業サポート】対象者が決定しました
2016/9/30

【事例】 株式会社グランディーユを掲載しました。
2016/9/26

【事例】 大家comサポートを掲載しました。

【事例】 NPO法人True Colorsを掲載しました。
2016/9/26

【事例】 NPO法人えがおの樹を掲載しました。
2016/9/10

【事例】 NPO法人どんぐりの会を掲載しました。
2016/8/27

【イベント情報】 ソーシャルビジネスフォーラム2016 参加者募集中です!
2016/7/30

【講座情報】 コミュニティビジネス/ソーシャルビジネス(CB/SB)実践編 受講者募集開始しました!
2016/7/29

【よくある質問】地域でCB/SBをはじめる際の法人格、税務・会計Q&A動画を掲載しました。
2016/7/26

【講座レポート】7月15日 「ヒトを巻込む&育てるチカラを学ぼう!」 を実施しました。

 
2016/7/8

【講座情報】 コミュニティビジネス/ソーシャルビジネス(CB/SB)講座 受講者募集開始しました!
2016/6/26

【イベント】情報を更新しました
2016/5/31

【講座情報】 市民活動団体レベルUP講座 受講者募集開始しました!
2016/5/27

【イベント】情報を更新しました
2016/5/20

【イベント】情報を更新しました
2016/5/9

【イベント】情報を更新しました
2016/3/22

【事例】 Silent Voiceを掲載しました。
2016/3/18

【講座レポート】3月11日 「CB/SBの輪をひろげよう」を開催しました を掲載しました。
2016/3/4

【アイデアチャレンジ!】 サポート経過報告を掲載しました。
2016/3/3

【事例】 いく楽くらぶを掲載しました。
2016/2/19

【講座】参加者募集中!! CB/SB交流会「CB/SBの輪をひろげよう!」
2016/2/9

【アイデアチャレンジ!】 サポート経過報告を掲載しました。
2016/2/5

【イベント】情報を更新しました
2016/2/4

【事例】 NPO法人BBフューチャーを掲載しました。
2016/2/3

【イベント】情報を更新しました
2016/1/28

【アイデアチャレンジ!】 サポート経過報告を掲載しました。
2016/1/27

【イベント】情報を更新しました
2016/1/25

【事例】 (特活)暮らしづくりネットワーク北芝②を掲載しました。
2016/1/14

【事例】 (特活)暮らしづくりネットワーク北芝①を掲載しました。

【イベント】情報を更新しました。

2016/1/13

【事例】 NPO法人南市岡地域活動協議会を掲載しました。
HOME  > 実例紹介 > 有限会社officeぱれっと②(高槻市)
有限会社officeぱれっと②(高槻市)

有限会社office ぱれっと~第2章~

大阪市を中心とした今注目のコミュニティビジネス(CB)/ソーシャルビジネス(SB)の事例を順次ご紹介していきます :-P

事業者の想い・取り組んでいる課題とその解決方法・今後の展望など事業のヒント、そしてCB/SBの魅力が満載の取り組みの記事を楽しんでください♪

■□-----------------■□-----------------■□-----------------■□-----------------□■


「0歳から100歳まで」を合言葉に、
子育て支援、コミュニティ支援の拠点になる

■□-----------------■□-----------------■□-----------------■□-----------------□■


▶子育て支援から障がい者、多世代の支援へ


 会社設立後は、「きっと他の地域でも同じように利用したい人、働きたい人がいるはず」とニーズに寄り添い、拠点スペース以外でもプチぱれっとのクラスを増設。
また、大阪府の支援事業などにも選定され、2歳児から学童の一時保育「こどもぱれっと」、子どものための放課後保育「Kidsくらぶ」なども相次いで開設した。
さらに、経済産業省などの協力により、事業移転支援事業として「プチぱれっと」の運営ノウハウを各地に提供。
現在は、大阪府内だけでなく、近畿・中国・九州地方に活動の場を広げ、30クラス以上を開講している。
事業が拡大する中で、プチぱれっとのスタッフも増員。
子育て関連の資格を持つ利用者だった親たちからも「スタッフとして働きたい」と応募があり、

実際に働いているケースもあるなど、利用者のネットワークを通じて確実に「ぱれっと」のファン化が進んでいる。

 ぱれっとのファンが増えた一つの要因としては、
「スタッフの質にこだわり、より良い保育やサービスを提供することで、利用者のニーズに少しずつ応えていった結果。
スタッフの育成では、外部からも講師を招くなどしっかりした研修・実習プログラムを行い、
とくに自己投資をしてでも学ぶ意欲のある方、想いのある方に参加していただくようにしている」と自信をもって語る。

 一方、2006年には、地域の子どもや女性だけでなく、障がい者や高齢者も含めたマイノリティの人たちの安心できる居場所を作り出すという同じ理念のもと、
NPO法人NPOぱれっとも設立。
同法人において、0~3歳児と親の安心スペース「ぱれっとひろば」、一時預かりポッケ、多様な人たちと表現活動を行う「ボーダレス・アートくらぶ」を開始。
その他にも、地域のつながりを広げ、深めるための多世代交流サロン「カフェぱれっと」事業を行い、地域に集える憩いの場も設けている。

 また、2011年には「障がい福祉サービス就労継続支援B型事業 おしごと工房ぱれっと」を開始し、
就労支援や表現活動により、障がい者への役割と居場所の創成を行っている。
さらに、「おしごと工房ぱれっと」を開始した際には、新たな建物にいくつかの事業を移転。
1階を「カフェぱれっと」と「ぱれっとひろば」、2階を子どもの一時預かりサービス、3階を「おしごと工房ぱれっと」とし、活動場所を2箇所に集約した。
これら多彩な事業により、「ぱれっと」は地域の子どもからお年寄りまで、障がいのある人もない人も誰もが集えるコミュニティ支援の拠点となっている。

漆原さんは「各事業を地域で地道に継続することで、他の地域で同じような想いのある方々にとってのモデルケースになれば」と話す。




▶そして、"ぱれっとはうす"構想へ

現在は、「0歳から100歳まで」を合言葉に、新たにお年寄りへのサービスとして「デイサービス」事業への進出を計画。
デイサービスについては、かねてより検討していたが、物理的な制約や条件が多かったことから、
先行的に就労継続支援B型事業を行った経緯があり、条件を満たす場所さえ確保できれば、すぐにでも事業を開始する予定だ。

そして、将来は“ぱれっとはうす”をつくり、そこで子育て支援から障がい者の就労支援事業、デイサービスなどの事業を一緒にすることで、
いろいろな人が、当たり前に一緒にいて、お互いに力を出し合って、暮らしていける、そんなところにできたらと思っている。
この「ぱれっとはうす構想」では、若者世代の取り込みも重要視している。
特に、中学生から大学生の若者に参加してもらい、学童保育のお兄ちゃんやお姉ちゃんのような役割を担う人材を発掘・育成するとともに、
学校に馴染めずに不登校やひきこもりになっている子どもたちを応援し、前に踏み出すきっかけづくりも行っていきたいと夢は膨らんでいる。
 





 ■ 団体概要

就園前の子どもたちのための「ようちえんごっこ・プチぱれっと」を軸に、一時保育・一時預かりなどの子育てサービス、さらには障がいを持つ人たちの就労支援、幅広い世代が集うカフェ(サロン)などを運営。地域の子どもや女性、障がい者、高齢者などマイノリティの人たちの安心できる居場所を作り、誰もが生き生きと暮らせる活動を行っている。

このページの上へ