平成29年度大阪市コミュニティビジネス等促進事業コミュニティビジネスポータルサイト

お知らせ

2017/9/30

【事例】 磯路地域活動協議会を掲載しました。
2017/9/28

【事例】 NPO法人緑・ふれあいの家を掲載しました。
2017/9/26

【事例】 NPO法人西淀川子どもセンターを掲載しました。
2017/9/25

【事例】 NPO法人スモールファーマーズを掲載しました。
2017/9/25

【事例】 株式会社Lean on Meを掲載しました。
2017/8/2

​※第1回目の日程お知らせ【講座情報】市民活動団体講座(レベルアップ講座)受講者募集開始しました!
2017/7/10

【講座情報】CB/SB講座(実践編)受講者募集開始しました!
2017/6/12

【イベント】情報を更新しました
2017/6/1

【講座情報】CB/SB講座(入門編)受講者募集開始しました!
2017/2/28

【モデル事業サポート】サポート報告を更新しました。
2017/1/13

【講座情報】女性チャレンジ応援拠点 出張交流会@大阪NPOセンター 「地域で女性がチャレンジするためのコツ」 受講者募集開始しました!
2016/12/18

【モデル事業サポート】サポート報告を更新しました。
2016/12/8

【イベント】情報を更新しました
2016/11/25

【モデル事業サポート】サポート報告を更新しました。
2016/11/16

【モデル事業サポート】サポート報告を更新しました。
2016/11/4

【モデル事業サポート】対象者が決定しました
2016/9/30

【事例】 株式会社グランディーユを掲載しました。
2016/9/26

【事例】 大家comサポートを掲載しました。

【事例】 NPO法人True Colorsを掲載しました。
2016/9/26

【事例】 NPO法人えがおの樹を掲載しました。
2016/9/10

【事例】 NPO法人どんぐりの会を掲載しました。
2016/8/27

【イベント情報】 ソーシャルビジネスフォーラム2016 参加者募集中です!
2016/7/30

【講座情報】 コミュニティビジネス/ソーシャルビジネス(CB/SB)実践編 受講者募集開始しました!
2016/7/29

【よくある質問】地域でCB/SBをはじめる際の法人格、税務・会計Q&A動画を掲載しました。
2016/7/26

【講座レポート】7月15日 「ヒトを巻込む&育てるチカラを学ぼう!」 を実施しました。

 
2016/7/8

【講座情報】 コミュニティビジネス/ソーシャルビジネス(CB/SB)講座 受講者募集開始しました!
2016/6/26

【イベント】情報を更新しました
2016/5/31

【講座情報】 市民活動団体レベルUP講座 受講者募集開始しました!
2016/5/27

【イベント】情報を更新しました
2016/5/20

【イベント】情報を更新しました
2016/5/9

【イベント】情報を更新しました
2016/3/22

【事例】 Silent Voiceを掲載しました。
2016/3/18

【講座レポート】3月11日 「CB/SBの輪をひろげよう」を開催しました を掲載しました。
2016/3/4

【アイデアチャレンジ!】 サポート経過報告を掲載しました。
2016/3/3

【事例】 いく楽くらぶを掲載しました。
2016/2/19

【講座】参加者募集中!! CB/SB交流会「CB/SBの輪をひろげよう!」
2016/2/9

【アイデアチャレンジ!】 サポート経過報告を掲載しました。
2016/2/5

【イベント】情報を更新しました
2016/2/4

【事例】 NPO法人BBフューチャーを掲載しました。
2016/2/3

【イベント】情報を更新しました
2016/1/28

【アイデアチャレンジ!】 サポート経過報告を掲載しました。
2016/1/27

【イベント】情報を更新しました
2016/1/25

【事例】 (特活)暮らしづくりネットワーク北芝②を掲載しました。
2016/1/14

【事例】 (特活)暮らしづくりネットワーク北芝①を掲載しました。

【イベント】情報を更新しました。

2016/1/13

【事例】 NPO法人南市岡地域活動協議会を掲載しました。
HOME  > 実例紹介 > Silent Voice(中央区)
Silent Voice(中央区)

大阪市を中心とした今注目のコミュニティビジネス(CB)/ソーシャルビジネス(SB)の事例を順次ご紹介していきます :-P

事業者の想い・取り組んでいる課題とその解決方法・今後の展望など事業のヒント、そしてCB/SBの魅力が満載の取り組みの記事を楽しんでください♪

■□-----------------■□-----------------■□-----------------■□-----------------□■

聴覚障害者(デフ)の"強み"を伝え、

デフの伝達力を活かした研修事業を展開

■□-----------------■□-----------------■□-----------------■□-----------------□■
 


▶聴覚障害者の伝達力を学ぶ「デフ・コミュニケーション研修


 ビジネスはもちろんプレイベートの対人関係でも、普段、私たちは言葉を中心にコミュニケーションを図っている。

だが、もしその言葉が使えなかったとしたら……。

そんな“声”のない状況下で、表情や身振り手振りだけで互いの意思疎通を図り、日常では気づけないコミュニケーションの大切さを学ぶユニークな研修事業がある。
その名も「デフ・コミュニケーション研修」。

講師を務めるのは、“デフ”と呼ばれる耳が不自由な聴覚障害者だ。

同研修を主宰する「Silent Voice(サイレントボイス)」の尾中友哉さんは、「普段から表情や身振りなどの視覚情報だけでコミュニケーションをとる聴覚障害者は、研修の無音状態では最も意志疎通に長けた存在。
彼らが持つ声を使わない表現スキルや読み取りスキルのエッセンスを体験的に学ぶことを通して、コミュニケーションで本当に重要なものは何かに気づいてもらうのが狙い」と話す。

具体的には、参加者はグループ単位に分かれ、声を使わずに簡単な単語や文章、図形などを視覚情報だけで伝え合う。
普段とは違う「なかなか伝わらない経験」の中で、単に手話やジェスチャーの技法を学ぶのではなく、相手の意図を読みとろうとする真摯な姿勢や分かりやすく端的に表現することの重要性などに改めて気づかされるという。

「私たちがそれほど苦もなくコミュニケーションできるのは日本語という便利な共通言語があるからですが、それゆえに相手が求めていない話を長々としてしまったり、人の話をおざなりに聞いてしまったりということは日常的によくあること。
コミュニケーションの基本はこうだ!と言ってもなかなか耳に入らないものですが、聴覚障害者のコミュニケーション空間を体感しながら新鮮な気づきとして受け止められるデフ・コミュニケーション研修であれば、企業や行政、学校などのあらゆる現場で生かせるのではと思っています」




▶ろう者と健聴者の文化を知る「コーダ」の生い立ちが原点


「サイレントボイス」の立ち上げは2014年。

聴覚障害者の強みを発信して、社会に知られていないその素晴らしさ(音なき声)を広く伝えていくことを目的に発足。
聴覚障害に何らかの関わりを持つ20代の男女8人が、それぞれ本業のかたわら活動を行う。

代表を務める尾中さんは、「聴覚障害の両親を持つ聞こえる子ども」だった。
手話を第一言語に、4~5歳頃から日本語を学習。家庭内では聞こえない世界、外では聞こえる世界という2つの文化を行き来するハイブリッドな環境で育った。
そうした生い立ちの人をアメリカなどでは「Children Of Deaf  Adults」の頭文字をとってコーダ(CODA)と呼ぶが、尾中さんにとって親が聞こえないことは“障害”ではなく、むしろそれが自身のできることを伸ばし、強くたくましい生き方を教えてくれた。

が、いざ社会に出ると、「障害者」という言葉はかわいそうな支援すべき存在としてネガティブに語られることが多く、違和感を覚えた。
そのイメージが、尊敬の念を抱く両親や聴覚障害の友人らの姿とどうしても重ならなかった。

「自立してイキイキと働いている障害者はほんの一握り。
多くは単純作業に従事して、社会の隅に追いやられているように思えた」。

転機が訪れたのは、大学を卒業後、広告代理店で働いていた頃だ。
町の人気団子店の行列に並んでいる時、最前列のろう者が店員とうまくコミュニケーションがとれずパニックに陥っているところを咄嗟の機転で尾中さんが仲介。
「すごく助かりました。ありがとうございました」とお礼を言われた時、鳥肌が立つほどの高揚感を覚えた。

「憧れだった広告代理店に就職して、仕事の中で感謝されることはもちろんありましたが、何のために自分は働いているのかよく分からなかった。
でも、その時の行動はすごく自分らしくできた気がして、自分にはこういう強みがあったと気づかされた。
モノづくりが好きで、手話ができて、聞こえない世界と聞こえる世界の両方の文化も理解している自分にはもっとやれることがあるんじゃないかと思えた」

退社後、始めた活動は周囲の聴覚障害者へのインタビューだ。
「聞こえない」というハンディを乗り越え、力強く生きる人たちの軌跡を通して聴覚障害者の強みを発信。
それが「サイレントボイス」の原点となった。






▶ビジョンは、聴覚障害者が夢を持ってイキイキと働ける社会
 

団体発足から2年。
現在は、企業や行政などを対象とした「デフ・コミュニケーション研修」のほか、聴覚障害を持つ子どものキャリア支援という2つの事業を行う。

キャリア支援については、耳が不自由なことを理由に十分な教育の機会を得られない課題を解決するため、オンライン家庭教師の事業を展開する民間企業と提携。聴覚障害を持つ小・中・高生向けに、手話などの情報保障を受けながらオンライン学習できる環境を提供している。
いずれの活動も契約者から得られる事業収入によって経費を賄っており、今後は本格的に事業拡大していく考えだ。

「デフ・コミュニケーション研修はこれまで200名を超える受講実績がありますが、主には障害福祉的な観点から企業や行政のモデル事業として呼んでいただいているのが現状なので、今後はブラッシュアップを重ねて、もっと一般の広い分野でも活用できる能力開発カリキュラムとして育成していきたい」

また、聴覚障害者の強みをより広く社会に発信していくことを目標に、社会性と経済性を同時に担保できる新たな事業の創出にも取り組んでいる。
「私たちのビジョンは、数十年後の社会の中で聴覚障害者の多くが夢を持ってイキイキと働いている状況を創り出すこと。
そのためには、聴覚障害者の“教育”と“雇用”は絶対に必要で、障害者がキャリアを作れる仕組みづくりに少しでも貢献できるような事業を創出したい。
そうした先に、障害者が今の支援されるべき存在から抜け出し、立派に働きながら社会を支える“タックス・クリエイター”の側に回る社会にしていければと思っています」


■団体概要  Silent Voice

「きこえないから、みえる世界がある」をキャッチフレーズに、聴覚障害者の強みを広く発信するとともに、その強みを活かした事業を展開。
声を使わずに表情や身振り手振りだけで意志疎通を図る聴覚障害者の伝達力を活かした「デフ・コミュニケーション研修」は、一般企業や行政などの能力開発カリキュラムとして活用されている。

このページの上へ