阪南市市民活動センター 夢プラザ

阪南市市民活動センター
〒599-0201 阪南市尾崎町1丁目18-15
TEL&FAX / 072-471-1030 開館時間 / 9時~17時
休館日 / 月曜、祝日、年末年始(月曜が祝日の場合は、翌火曜も休館)
HOME > 助成金情報
助成金情報

みずほ教育福祉財団 第17回「配食用小型電気自動車寄贈事業」(2019年度)

 高齢化社会を迎え、地域の住民による主体的な福祉活動の重要性が、一段と高まっています。
とりわけ、高齢者を対象とした配食サービスは、声掛けを通じた友愛活動を兼ねていることから、極めて意義深いものがあります。
 みずほ教育福祉財団では、高齢者を対象とした福祉活動を支援するため、みずほフィナンシャルグループ役職員からの募金を主な原資として、高齢者向けに配食サービスを行っている民間団体に対して、配食用小型電気自動車(愛称:みずほ号)の寄贈を行います。



【事業主体】 公益財団法人 みずほ教育福祉財団

【助成対象】 高齢者を主な対象とし、原則として1年以上継続して、週1回以上、調理・家庭への配食・友愛サービスを一貫して行っている非営利民間団体など。


寄贈内容】 配食用小型電気自動車1台。
        10台(10団体)予定。

【開始日】 2019年2月19日


【締切日】 2019年6月7日  郵送必着



申請書に都道府県・指定都市または市区町村社会福祉協議会、あるいは全国食支援活動協力会のいずれかの推薦が必要。

詳しくはウェブサイトで
http://www.mizuho-ewf.or.jp/

※応募要領・申請書は、左記HPに2019年3月掲載予定


公益財団法人 みずほ教育福祉財団
〒100-0011 東京都千代田区内幸町1-1-5 みずほ銀行内
Tel:03-3596-4531(代表)   Fax:03-3596-3574


 

2019年度B&G海洋クラブ登録団体募集

マリンスポーツの実践活動や水辺の安全教室を通じて、青少年の心と身体を鍛え、自然に親しむ活動を楽しむとともに、海に対する理解を深め、地域の活性化など社会に貢献できる組織づくりをボートレースの収益金を活用して、B&G財団が支援する制度です。

【対象団体】
・マリンスポーツや水辺の活動を通じて、地域の活性化を行いたい団体

・地域の水辺の環境を活用して、子供たちに水辺の楽しさを伝えていきたい団体
・地域の自然環境を次世代の子供たちに継承していきたい団体

・任意団体可

・NPOや自治体、公益法人、一般社団法人、一般財団法人など
・株式会社など営利目的の団体からの申請は不可

【助成金額】
上限200万円以内の、活動に必要な機材を3年間無償貸与(3年間の活動実績により無償譲渡)

【募集期間】
2019年4月1日~2019年5月31日

【応募・お問合せ】
公益財団法人ブルーシー・アンド・グリーンランド財団

海洋センター・クラブ課
TEL:03-6402-531
詳しくはウェブサイトで⇒
https://www.bgf.or.jp/club/

平成31年度子どもゆめ基金助成金 二次募集


【助成対象】 子どもの健全な育成を図ることを目的に行われる、
     次の(1)(2)の活動に対する助成を行います。

(1)子どもを対象とする体験活動や読書活動  
 ①自然体験活動
 ②科学体験活動
 ③交流を目的とする活動
 ④社会奉仕体験活動
 ⑤職場体験活動
 ⑥総合・その他の体験活動

(2)子どもを対象とする体験活動や読書活動を支援する活動
 ①フォーラム等普及活動 
 ②指導者養成
上記を満たす法人、または活動を行う体制が整っていると認められる団体

【助成額】 上限50万円
 
【活動期間】2019年10月1日~2020年3月31日 

【申請期間】郵送申請2019年5月1日1~6月4日  郵送必着
      電子申請
2019年5月1日~6月18日

詳しくはウェブサイトで 

https://yumekikin.niye.go.jp/jyosei/index.html

2019年度「シニアボランティア活動助成」「ビジネスパーソン活動助成」

事業主体】公益財団法人 大同生命厚生事業団

事業対象】社会福祉の推進に役立つ活動を行っているか、また行おうとするシニア、ビジネスパーソンのグループ(NPO法人)

活動テーマ】
(1)高齢者福祉に関するボランティア活動
(2)障がい者福祉に関するボランティア活動
(3)こども(高校生まで)の健全な心を育てる交流ボランティア活動
 ただし、少年野球・サッカーなどのスポーツ活動や通常の子ども会活動は除く。
    いずれも目的、計画などが明確な日本国内での無償活動とする

【助成額】1件原則10万円。特に内容が優れている場合は20万円限度で助成。

申込期限2019年4月1日(月)~2019年5月25日(土)
       〆切 5/25(土)当日消印有効(郵送のみ受付)

書類送付先】〒550-0002大阪市西区江戸堀1丁目2番1号 大同生命大阪本社ビル内
         公益財団法人 大同生命厚生事業団 事務局
        TEL:06-6447-7101 FAX:06-6447-7102


※詳細は主催団体ホームページにてご確認ください。
http://www.daido-life-welfare.or.jp/

平成31年度「既設のおもちゃ図書館におもちゃセット助成事業」「新設のおもちゃ図書館におもちゃセット助成事業」「老人福祉施設・老人ホーム等におもちゃ図書館開設支援事業」


事業主体】一般財団法人 日本おもちゃ図書館財団

財団の目的及び事業】当財団は、障害のある子ども達が健やかに成長することを願い「おもちゃ図書館」のボランティア活動を支援するために、株式会社バンダイの創業者である山科直治故人が私財を基金として拠出し、1984年に設立されました。
 ボランティアが運営する全国の「おもちゃ図書館」や、老人福祉施設・老人ホーム等に開設する「おもちゃ図書館」におもちゃ等の助成を行っています。


事業対象】財団ホームページにてご確認ください。

助成額】助成・支援事業により異なるため、財団ホームページにてご確認ください。
申込み期間】2019年3月27日~2019年5月25日
〆切 5/25(土) 郵送必着 メール・FAX不可

申込用紙などは下記URLからダウンロードできます。
一般財団法人 日本おもちゃ図書館財団ホームページ

http://www.toylib.or.jp
詳しくはウェブサイトで



 

2019年度ドナルド・マクドナルド・ハウス財団助成事業


【事業主体公益財団法人 ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン

助成の目的
難病児及びその家族を支援する福祉、医療分野におけるボランティア団体(非営利団体)使用用途条件あり、財団HPにて参照。

申込資格非営利団体

申込期間】2019年3月27日~2019年5月31日

〆切 5/31(金)当日消印有効
 
助成金額総額200万円(7月中旬に交付いたします。)

詳しくはウェブサイトで
https://www.dmhcj.or.jp/foundation/results/2019.html

2019年 「24時間テレビ」42 福祉車両寄贈

事業主体公益社団法人「24時間テレビ」チャリティー委員会

申込期間2019年4月1日~2019年5月20日

〆切 5/20(月)必着 

助成対象】
社会福祉法人、社会福祉協議会、NPO法人、地方公共団体、医療法人、(一般・公益)社団法人・財団法人、学校法人、任意団体(非法人)、ボランティア団体など、非営利の団体。電動車いすは個人も可

助成車両】

リフト付きバス、スロープ付き自動車、福祉サポート車、訪問入浴車、電動車いす。
※寄贈車種はHP参照

※HPをご覧になれない方で車両カタログ・申込書をご希望の方は、郵便切手250円分を同封し、必要事項を記載の上、事務局宛ご請求ください。
請求締切5月6日(月)消印有効

詳しくはウェブサイトで
http://www.24hourtv.or.jp

 

2019年度 ニッセイ財団 「共に生きる地域コミュニティづくり」高齢社会助成  Ⅰ地域福祉チャレンジ活動助成



事業主体】公益財団法人 日本生命財団
 
助成対象】地域包括ケアシステムの展開、そして深化につながる4つのテーマのいずれかに該当する活動。
                  助成テーマにチャレンジする意欲があり、かつ他の団体等と協動して活動していく団体。


助成期間】2019年10月より2年間
     
募集締切日2019年5月31日  当日消印有効

助成金額】1件最大400万円(1年最大200万円)

 
   
助成決定当財団選考委員会にて選考の上、9月上旬の理事会で決定

詳しくはウェブサイトで
http://www.nihonseimei-zaidan.or.jp/
【お問合せ先】〒541-0042 大阪市中央区今橋3丁目1番7号 日本生命今橋ビル4階
      日本生命財団 高齢社会助成 事務局
      TEL 06-6204-401
 
 

2019年度 ニッセイ財団 「共に生きる地域コミュニティづくり」高齢社会助成  Ⅱ実践的研究助成


【事業主体】公益財団法人日本生命財団

【助成対象】「高齢社会助成対象分野・テーマ」に対する課題を明確にした実践的研究。
研究者または実践家の助成対象者については財団HPにてご確認ください。

【助成期間】2019年10月から、実践的課題研究:2年、若手実践的課題研究:1年

【助成金額】

実践的課題研究:最大400万円(1年最大200万円
若手実践的課題研究:総額約500万円(1件最大100万円
 
   
【申込締切】2019年6月15日  当日消印有効    

【助成決定】当財団選考委員会にて選考の上、9月上旬の理事会で決定
 
詳細は財団ホームページてにご確認ください。
 
http://www.nihonseimei-zaidan.or.jp/kourei/


【お問合せ先】〒541-0042 大阪市中央区今橋3丁目1番7号 日本生命今橋ビル4階
      日本生命財団 高齢社会助成 事務局
      TEL 06-6204-401

公益財団法人 太陽生命厚生財団 2019年度社会福祉助成金事業

 
【事業主体】公益財団法人 太陽生命厚生財団

【助成事業】
Ⅰ事業助成:ボランティアグループ等が在宅高齢者または在宅障がい者等のために福祉活動や文化活動を行うために必要な費用
または機器、機材、備品などを整備するための費用に対して助成する。
Ⅱ:社会福祉法人または民間機関等が実施する高齢者保健・医療、生活習慣病に関する研究または高齢者福祉に関する研究
または調査に必要な費用に対し助成する。

 
【事業対象】Ⅰ事業助成:地域福祉活動を目的とするボランティアグループおよびNPO 
Ⅱ研究助成:非営利の民間団体等および個人

 
【助成金額】Ⅰ事業助成:1件10万円~50万円合計2,000万円 Ⅱ研究助成:1件30万円~50万円合計300万
 
【申込締切】2019年 6月30日(日)郵送による必着(FAX不可)
詳しくはウェブサイトで
http://www.taiyolife-zaidan.or.jp

【応募申込書の請求先と提出先】
〒143-0016 東京都大田区大森北1-17-4 太陽生命大森ビル
公益財団法人 太陽生命厚生財団 事務局
TEL/FAX 03-6674-1217

福祉活動を行う団体支援のための助成事業

【目的】
 社会的課題の解決など、社会福祉の増進に寄与する活動を行う団体を支援

【助成対象事業】
  (1)他団体と連携して行う地域貢献の取り組み
  (2)当事者の交流を通じた、社会的課題解決に寄与する取り組み
  (3)その他、社会的課題の解決につながる取り組み

【応募資格】
  府内に所在し、社会福祉活動を行う団体で、次の要件をすべて満たしていること
  ・非営利団体
  ・原則として過去2年以上の活動実績があること
  ・他団体からの助成を受けていないこと

【申請金額】
  1団体 上限25万円

【活動の対象期間】
  2019年4月1日~2020年3月31日

【応募締切】
  2019年14(金) 必着(郵送のみ)

【応募・問合せ先】
  大阪府社会福祉協議会 総務企画部
    〒542-0065 大阪市中央区中寺1-1-54
    TEL:06-6762-9471
    FAX:06-6764-5374


詳しくはウェブサイトで
  
http://www.osakafusyakyo.or.jp/


 

学生ボランティア支援のための助成事業

【目的】
 社会福祉の増進に寄与する人材の育成を目的とし、社会的課題の解決などいい気貢献活動を行う学生の団体を支援

【助成対象事業】
  社会的孤立、貧困、虐待など地域において社会的課題を抱えた人への支援活動、調査研究活動、まちづくりの推進を図る活動、自然災害による被災者支援のボランティア活動、ほか社会福祉の増進に寄与する活動

【応募資格】
  学生によって構成される団体で、次の要件をすべて満たしていること
  ・非営利団体
  ・構成員の大半が大阪府内の学校に通学していること
  ・単位の取得を前提とした、学校のプログラムでないこと
  ・原則として過去2年以上の活動実績があること
  ・他団体からの助成を受けていないこと

【申請金額】
  1団体 上限15万円

【活動の対象期間】
  2019年4月1日~2020年3月31日

【応募締切】
  2019年14(金) 必着(郵送のみ)

【応募・問合せ先】
  大阪府社会福祉協議会 総務企画部
    〒542-0065 大阪市中央区中寺1-1-54
    TEL:06-6762-9471
    FAX:06-6764-5374


詳しくはウェブサイトで
  
http://www.osakafusyakyo.or.jp/


 

よみうり子育て応援団大賞


よみうり子育て応援団大賞は、民間の子育て支援活動を顕彰し、サポートするために2007年に設けました。読売新聞社は、子育てを応援する取り組み「よみうり子育て応援団」を進めています。受賞団体には専門家を派遣してアドバイスしてもらうなど、子育て支援活動を継続的にサポートしています。


【対象】
子どもや親を対象にした支援活動を行う 国内の民間のグループや団体。「子育てサークル」「男性の育児参加」「女性の就労支援」「子どもの福祉」のほか、どのようなテーマの活動でもかまいません。活動年数やメンバー数を問わず、幅広い団体の応募をお待ちしています。

【助成金額】

大賞(1団体) 賞金200万円
奨励賞(2団体) 賞金100万円
選考委員特別賞 賞金20万円

【応募締切】2019年6月7日(金)必着


【応募・お問い合わせ】
〒530-8551 読売新聞社大阪本社
TEL:06-6881-7228
(平日9:00~17:00)
FAX:06-6881-7229
メール:taisyo@yomiuri.com
詳しくはウェブサイトで⇒https://info.yomiuri.co.jp/contest/lfmd/kosodate.html

 

みずほ教育福祉財団 第36回「老後を豊かにするボランティア活動資金助成事業」 (2019年度)

 高齢化社会を迎え、高齢者が住みなれた街で安心して生活するための、地域住民・ボランティアによる主体的かつ活発な福祉活動に対するニーズが、一段と高まっています。
 本助成事業は、高齢者を主な対象として活動するボランティアグループおよび地域共生社会の実現につながる活動を行っている高齢者中心のボランティアグループに対し、活動において継続的に使用する用具・機器類の取得資金を助成します。

【事業主体】 公益財団法人 みずほ教育福祉財団

【助成対象】 高齢者を主な対象として活動するボランティアグループおよび地域共生社会の実現につながる活動を行っている高齢者中心のボランティアグループ(必要要件あり。詳細はURL参照)

【助成額】 
1グループにつき上限10万円(活動において継続的に使用する用具・機器類の取得資金)

【開始日】 2019年2月19日


【締切日】 2019年5月24日   郵送必着 

【その他】 都道府県・指定都市または市区町村社会福祉協議会の推薦が必要。

詳しくはウェブサイトで

http://www.mizuho-ewf.or.jp/

 応募要領・申請書は、HPに2019年3月掲載予定。

公益財団法人 みずほ教育福祉財団
〒100-0011 東京都千代田区内幸町1-1-5 みずほ銀行内
Tel:03-3596-4531(代表)   Fax:03-3596-3574
このページの上へ